1982(昭和57)年
●CQ ham radio(CQ出版社)  連載:ジュニア製作教室
記     事     名
1982 1 2m FMモニターの製作
1982 2 トランシーバにつなぐ『受信用プリアンプの製作』(28MHzと50MHz)
1982 3 ローテータにつなぐ『ディジタル角度表示器』@
1982 4 ローテータにつなぐ『ディジタル角度表示器』A
1982 5 短波帯を聞いてみよう『SWL/BCL用3.5〜4MHz受信機の製作』
1982 6 コールも出せるオンエアサイン/レピータ用トーンエンコーダ
1982 7 コールサインも出せる『オンエアサインの製作』パートU
1982 8 シンプルトランシーバ@『50MHz SSB/AM受信機の製作』
1982 9 シンプルトランシーバA『PSNタイプ50MHz SSB送信機の製作』
1982 10 シンプルトランシーバB『50MHz SSBトランシーバのまとめ』
1982 11 SSBトランシーバにつける『50MHz用ブースターの製作』@
1982 12 SSBトランシーバにつける『50MHz用ブースターの製作』A

●電波科学(日本放送出版協会)  単発(連載外)
記     事     名
1982 2 温度検出にLM3911使用『-25〜+85℃ディジタル温度計の製作』
1982 7 アンプノ シツリョクガ ディジタルデ ワカル 『オーディオ・パワーケイノ セイサク』
1982 9 メモリ5CH可能PLL周波数シンセサイザ方式『AMラジオの製作』

●初歩のラジオ(誠文堂新光社)  連載:データブックには応用回路がいっばい
記     事     名
1982 1 M51845Lで作る『スリープ・タイマー』
1982 2 TA7158Pを使った『サウンド・ミキサー』
1982 3 LM3909の再登場『ブザー・ボックス』『ウォーター・アラーム』
1982 4 LM3909の再登場『電子トロンボーン』『電子サイレン・2題』
1982 5 LM317を使った『0〜15V 0.5A実験用電源』
1982 6 LM10とLM334で作る『コードレス電子温度計』
1982 7 μA759を使った『±1.2〜15V実験用電源』
1982 8 LM359とLM3909で作る『ランプ・フラッシャー・2題』
1982 9 MSM5929を使った『デジタル・クロック』
1982 10 M51516で作る『自動車用マイク・アンプ』
1982 11 LM380で作る『電子サイレン』
1982 12 LM324で作る『トレモロ・エフェクター』

●初歩のラジオ(誠文堂新光社)  単発(連載外)
記     事     名
1982 1 ウォークマンタイプ『ステレオFMラジオの製作』
1982 5 ゲルマラジオでスピーカが!『スピーカアンプ』(折込)

●模型とラジオ(科学教材社)  連載:新−ラジオの作り方
記     事     名
1982 1 フリスビーに組み込んだ『壁掛けAMラジオ』(TA7641BP)
1982 2 IFとRF調整ができる『AMラジオ用テストオシレータ』
1982 3 ハムを楽しもう『ミズホ通信のピコトラMX-6を組み立てる』
1982 4 LM3909を使った『AMラジオ』
1982 5 音楽・ディスクジョッキーも可『ミニ・ミニFMワイヤレス放送局』
1982 6 ポピュラーで現代風に作る『AMワイヤレス・マイク』
1982 7 バリコン不用、リモコン可『バリキャップ同調のFMラジオ』
1982 8 FMラジオでTVの音声を受信する『TVサウンドコンバータ』
1982 9 バックアップ電池付き『自転車用スーパーラジオ』(TA7641BP)
1982 10 とても簡単なダイレクトコンバージョン式『7MHz SSB受信機』
1982 11 ハムの資格をとってピコ2で遊ぼう(ピコトラMX-2)
1982 12 FMラジオにつける『TVサウンドチューナ』

●模型とラジオ(科学教材社)  単発(連載外)
記     事     名
1982 2 デジタルクロックAMラジオキットKR-1000を組み立てる

●未踏  単発(連載外)
記     事     名
1982 12 日本語ワードプロセッサの話(1)